お知らせ

STAM創刊15周年記念シンポジウム

2014.05.19注目イベント/Events

A break point in building research career - Messages to young scientists -

21世紀に向け,日本の材料分野の強みを世界に発信していこうという志で2000年に立ち上げた
Science and Technology of Advanced Materials誌は,今年で創刊15周年を迎えるところとなりました.
この間,http://e-materials.net/stam/purpose/で紹介する様々な試みを通した編集関係者一同のたゆまない尽力により,
今日,国内の材料系分野では上位のインパクトを有する位置に辿り着くことができました.
この日を記念した下記シンポジウムを,来る7月3日(木曜日)に開催いたします.
皆様ふるってご参加頂ければ幸いです.国内の同分野で活動する皆様と,この日を共にできればと願っております.

日時:2014年7月3日(木)14:00-17:30
場所:東京大学山上会館(大会議室)
主催:独立行政法人 物質・材料研究機構⇒公式ホームページ
参加:無料.席に限りがあるためメール申し込みによる事前登録が必要です.
    ⇒若林弘美/STAM Headquarters Office, NIMS
       E-Mail: stam-info=ml.nims.go.jp ("="を"@"に変えてください)

プログラム:
総合司会 山口周,東京大学教授/STAM編集副委員長
13:00 受付開始
14:00 開会 吉田豊信,STAM編集委員長
          挨拶 潮田資勝,物質・材料研究機構理事長
          祝辞  下間康行,文部科学省研究振興局参事官
                   大西隆,日本学術会議会長
                   前田正史,東京大学副学長
                   岸輝雄,新構造材料技術研究組合理事長/前STAM編集委員長
          挨拶 Harald Krug,Empa
                   Jamie Hutchins,IOP Publishing
14:50  講演 James K Gimzewski,University of California
        『演題未定』
15:20 休憩
15:35 講演 片岡一則,東京大学教授
        『演題未定』
16:05 講演 細野秀雄,東京工業大学教授
        『Impression-inspired Materials Research』
16:35 パネルディスカッション
        『How my scientific career was shaped through writing articles
            研究人生を決めた3論文 - あの時に思ったこと、今振り返って考えること』
     パネリスト
       James K Gimzewski, 片岡一則, 細野秀雄, Harald Krug, 高井まどか(東京大学教授)
     司会 Adarsh Sandhu, 豊橋技科大教授
17:30 閉会 山口周,STAM編集副委員長

2014.05.19注目イベント/Eventsお知らせ一覧はこちら