お知らせ

英文論文誌STAMのインパクトファクターが更に伸びて3.513

2012.07.01編集委員会から/Editorial news

材料科学・学際領域で出版歴10年以上の国内ジャーナル1位

2012年6月29日(日本時間)にトムソン・ロイター社が発表した2011年Journal Citation Reportによると,ジャーナルの一評価指数であるインパクトファクターは,STAM誌は材料科学・学際分野において3.513となりました.(同分野 の平均値3.106)

この数字は、同分野における231誌中36位,日本国内では第2位に位置します.2008年以来続く目覚ましいIF値の伸びは,STAM誌に掲載する論文の質を高く保つ編集委員会の努力が広く研究者に認知され,世界の材料科学国際コミュニティーにおいて強い影響を与えていること を示しています.

2011年にもっとも多く引用された2009/2010年出版論文(2012年5月現在)

2012.07.01編集委員会から/Editorial newsお知らせ一覧はこちら