編集委員の方へ

参照URL

編集方針 - どのようなジャーナルを目指しているか

日本は基礎から応用にわたって材料研究分野では強く,特に開発技術力に優れていることを背景に,当該分野の研究成果を発表する論文誌は,日本国内で10数誌が発刊されています. Science and Technology of Advanced Materials (以下STAM)は,材料科学全般に関する学術,技術の研究成果を発表する原著論文誌として,日本材料工学連合を母体として2000年に創刊されました. 2004年からSTAM編集の母体を(独)物質・材料研究機構に移し,同機構は世界に希な物質材料専門の研究機関として,2005年からSTAMの編集から経営までを全面的にサポートし,2008年からオープンアクセス誌に転換,日本の材料研究の発信基盤の強化に取り組んでいます.

編集体制-どのような審査体制をとっているか

材料科学を研究分野とする専門家によるSTAM編集委員会を構成し,分野毎に分担しています.投稿論文の審査は,担当編集委員が適任と判断する専門家の意見を参考に,当該編集委員が採否の判断を行い,編集委員会が最終承認を行います.必要に応じて,編集室を介して論文著者に原稿改訂を求める場合があります.掲載確定後は直ちに製作に入り,初校版-Web版-紙版の各媒体で順次に公開されます.二次情報データベースにも自動的に登録され,インターネット検索可能となります.

閲読候補者の推薦制度を設けており,著者は投稿論文の内容判断に適している専門家を5名まで候補者として推薦することができます.編集委員会はこれを参考としますが,限定はされません.[論文投稿者への公開情報]

編集手順

1. 論文審査

2. [著者] 論文投稿

  1. 著者は投稿規定に基づき論文をウェブで投稿をします.
  2. 編集室は編集委員からの諾否の回答が無い場合,依頼後3日目,7日目に担当諾否の回答を催促します.これを超えて諾否の回答がない場合は,他編集委員に依頼を変更します.

3. [編集室] 担当編集委員選定と審査の担当

  1. 編集室は投稿論文に応じて担当可能な編集委員を選定し,論文担当を依頼します.
  2. 著者は投稿時に閲読候補者を5名まで推薦することができます.

4. [編集委員と閲読者] 閲読者選定と閲読

  1. 担当編集委員は担当論文の内容に応じて採否の判断を独自に行うことも可能ですが,第三者の意見を求めるために原則2名の閲読結果を参考に採否の決定をします.
  2. 編集室は閲読依頼後,閲読者からの諾否の回答が無い場合,3日目,5日目に閲読諾否の回答を催促します.これを超えて諾否の回答がない場合は,担当編集委員に他閲読候補者の選定を依頼し,閲読以来を変更します.複数閲読者が立っている状況では,一人でも閲読結果が出た段階で,担当編集委員は次判断をすることも可能です.
  3. 担当編集委員は原則二人,必要に応じて三人の複数閲読者に閲読依頼が出来ます.
  4. 閲読期間は2週間とします.所定の期間を過ぎた場合,編集室から催促をしますが,遅延状況に応じて担当編集委員に閲読者の交代措置を取るよう要請します.
  5. 閲読者は予めメールでご案内する指定URLにログインしていただき,所定のウェブフォームに所見を記入します.閲読者によるウェブフォーム記入が完了すると,連動して担当編集委員へ閲読終了の連絡メールが発信されます.
  6. 担当編集委員は,予めご連絡するURLにログインしていただき,閲読結果を確認/または/著者修正が終了してから7日以内に下記に基づく次処理をウェブで行います. ++ 採否を決定する.(Accept / Revise / Reject / Transfer / Withdrawn / Cancel) ++ 再閲読を依頼する. ++ 別閲読者を立てる. ++ 著者修正不十分で再修正を要請する.
  7. 担当編集委員による採否判定を受けて,編集委員長がSTAM編集委員会を代表して最終決定を行います.

5. [著者] 論文修正と修正期間

  1. 著者の論文修正期間は閲読結果連絡日からArticleで1ヶ月、Review Articleで6ヶ月以内とします.これを超えて著者対応がない場合,編集者が著者にreminderを送付します.著者からの回答がない場合、投稿は取り下げられたものと判断し,審査を終了します.
  2. 著者は修正に際し,修正原稿と修正内容を列記した修正リストをウェブ投稿します.

編集室連絡先:stam_office(AT)nims. go. jp

最終更新日:2016.07.29