著者の方へ

参考情報

  • Web投稿(投稿から論文状況照会で)→こちら
  • 出版論文の部分利用等に関する規則→オンラインジャーナルの制作を担当しているTaylor & Francis社サイト
  • 著者権についてのSTAM方針:STAMはオープンアクセスジャーナルです.研究や教育を目的とした著者・読者による論文の再利用を許諾しており,その履行条件はCreative Commons License CC-BYに準拠しており,論文の出典を明示した上で再利用することを認めています. 商用あるいは転用にあたってご質問がありましたらSTAM編集室へご連絡ください.

STAM誌はオープンアクセスジャーナル<ゴールドモデル>です

  • レビュー論文を中心に編集
  • 注目する分野に焦点をあてるFocus Issue
  • 掲載可論文から随時オンライン出版
  • NIMSの刊行支援と著者の部分負担により、閲覧無料のオープンアクセス・オンラインジャーナル
  • 著者権および利用条件はCreative Commons License CC-BYに準拠(研究・教育目的において論文の部分的な再利用を許諾し,著者に著作権利の履行を残しています)
  • Focus IssueやEditor's Choiceなどの論文選集としてオンデマンド印刷(学会や研究会テーマに合わせて配布)

特集企画の提案は随時に受け付けています.STAM編集室へご連絡ください.

論文を書く前に

Science and Technology of Advanced Materials (以下STAM)は,材料科学全般に関する学術,技術の研究成果を発表する原著論文誌です.このため,論文を書く際には周辺・近隣分野の読者にも分かるように,論文内容を平易に書き下す配慮が期待されます.省略用語を使う際には最初の出現時にフルスペルで書いて下さい. STAMは原著論文のほか,特にレビュー論文を積極的に刊行し,最新の物質・材料に関わる研究,技術開発の方向性を関係分野以外の方にも分かりやすく解説します.

編集委員会が注目している分野

基盤・グリーン,電子・光,生体・医療などに関与する材料科学分野先般を網羅し,ナノサイエンス・先進テクノロジーを含む最新の研究成果 →STAM分類分野

編集体制

材料科学を研究分野とする専門家によるSTAM編集委員会を構成し,分野毎に分担編集しています.投稿論文の審査は,担当編集委員が適任と判断する専門家の意見を参考に採否の判断を行い,編集委員会が最終承認を行います.判断の結果,編集室を通じて論文著者に原稿改訂を求める場合があります.→ 論文査読の流れ

掲載確定のプロセス

掲載が確定すると,編集室での原稿体裁やファイル形式の確認を経てTaylor & Francis制作部門での製作に入ります.オンライン版の準備が整った論文から順次に公開されます. INSPEC, Science Direct, METADEX, Aluminum Industry Abstract, Eng. Material Abstract, SCOPUSなどの二次情報データベースに自動的に登録されインターネット検索対象となります.

投稿規程

1. 用語

英語

2. 論文の種類

  • Regular article
  • Regular review
  • Focus Issue article: 注目する分野に焦点をあてる研究論文. 多くの場合、編集委員会で企画され,編集委員長より執筆依頼を受けてからの投稿となりますが,企画のご提案があれば編集室へご連絡ください.
  • Focus Issue review: 注目する分野に焦点をあてるレビュー論文. 多くの場合,編集委員会で企画され,編集委員長より執筆依頼を受けてからの投稿となりますが,企画のご提案があれば編集室へご連絡ください.
  • Communication in Materials Informatics: 物質科学分野におけるデータ駆動型について,新たなアイディアやソフトウェア,有用性を紹介する概要です.
  • Vision (commissioned only): 様々な分野からのビジョンを読者と共有するエッセイです. 編集委員長からの執筆依頼を受けてからの投稿となります.
  • Invited review (commissioned only)
  • Invited article (commissioned only)

3. 二重投稿の禁止

STAMを含む原著論文誌(言語問わず)に投稿中,および掲載された論文と同一内容の論文を投稿することはできません.非原著論文誌,例えばプレプリントサーバ,国際会議論文集や学会予稿集などに投稿中,または掲載された論文と重複したオリジナリテイを持つ論文を投稿する時は参考文献として別刷りを添付してください.

4. 投稿料

投稿料(Article Processing Charge: APC)は実費負担で135,000円です.論文掲載が決まる際に,支払い依頼の連絡がメールで送られます.負担額には次のサービスが含まれます.

  • 論文査読
  • 査読結果で必要とされる場合の英文校正
  • 初校の著者確認
  • オンライン出版
  • 出版後の論文書誌情報のデータベース登録
  • 出版後の論文案内や,論文著者が希望する読者へのメール案内
  • 材料科学全般を含める国際・国内学会での広報,オンデマンド印刷版としての配布

5. 投稿方法

Web投稿してください.

原稿ファイルについて

引用文献のスタイル詳細情報

投稿の際,既出版物を転用する場合には,転載許諾の許可書の提出が必要となります. また,掲載が確定するまでに,著作権同意書の提出も必須となります.著作権同意書の提出がない場合は,出版することができません.

6. 閲読候補者の推薦制度

投稿論文の内容判断に適している専門家を5名まで候補者として推薦することができます. 編集委員会はこれを参考としますが,限定はされません.

7. 投稿後の取り下げ

投稿後に論文内容に大幅な変更が必要になる等の時は,投稿取り下げの旨、編集室へご連絡下さい.

8. 論文審査と原稿改訂

担当編集委員の判断により論文修正が必要な場合,編集室から論文著者宛に連絡します. 著者は通知日から3ヶ月以内に原稿を改訂し,投稿して下さい.これを過ぎた場合は,編集室から投稿意思を確認をしますが、回答がない場合は投稿は取り下げられたものとします.

9. 採否の通知

採否の結果は,編集室よりメールで連絡します.掲載確定の後,止むを得ない事情で論文内容を変更する場合は,編集委員会の再判断を経るなどで掲載が遅れる場合があります.

10. カラーオンライン版

図,写真はカラー公開できます. 積極的にカラーを用いてください。

11.著作権

STAMは物質・材料研究機構(つくば市千現1-2-1)が編集刊行をおこなっています.オンラインジャーナルの制作と広報について英国Taylor & Francisと共同で行っており,出版された論文の著作権は物質・材料研究機構と著者が共同保有します.ここで言う著作権とは,(1)複製権,(2)二次的著作物の利用に関する権利(特定の国,言語などへの翻訳権)を意味します.したがって(3)創意工夫権,(4)著作人格権,(5)意匠権,(6)特許権などは移転内容に含まれません.

12.掲載論文の公開と二次利用

STAMに掲載する論文は,以下の方法でインターネットまたは紙媒体を介して公開します.

  1. WEB版(Acceptになった論文から順次に出版)
  2. 紙版(オンデマンド印刷による会議配布など)
  3. アーカイブ:Taylor & Francis(現在号まで全て),IOP Science(英国物理出版協会,2000年創刊号から2015年12月分まで), Science Direct(エルセビア社,2000年創刊号から2007年12月分まで)
  4. Web of Science,SCOPUSなどの文献データベース
  5. ほか,物質・材料研究機構が了解する二次情報配信会社を通じてデータベースに収録し,論文単体で配信または販売する場合があります.

お問い合わせ

STAM編集室 Tel. 029-859-2494, Fax. 029-859-2400, E-mail: stam_office(AT)nims. go. jp 305-0047 つくば市千現1-2-1 物質・材料研究機構 材料データプラットフォームセンター 出版チーム

Focus on Advanced Materials for Energy Harvesting - 特集論文の投稿受付を始めました。

Focus issue in Science and Technology of Advanced Materials

企画の趣旨と背景

In the advanced IoT society in the future, energy supplies for wireless communications and sensors will be critical. More evidently, how to secure electric energy will be a key concern in a resilient society. We have to extend the concept of the power source, from the battery to using ubiquitous energy as the power sources, namely Energy Harvesting. Research on energy harvesting to date has been focusing on technologies for the conversion of the ubiquitous energy sources, such as heat, light, vibration, or electromagnetic fields into the electric energy. Here, in any cases, the study of the related materials will certainly play an important role to improve the conversion efficiency. This project invites the submission of manuscripts from such various research fields. It is believed that these researchers will find a key to develop their own research in articles of other fields, and hopefully kick-off the new collaboration with the trigger of the STAM publication. The individual article will be published on the occasion of completing the editorial process. Then special issue will be released in 2018, by re-editing these articles.

特集投稿のご案内

特集査読のご案内

  1. 本特集は次のメンバーがGuest Editorとなって、編集委員会と連携して進めています。
    • 秋永 広幸/AKINAGA Hiro, 産業技術総合研究所 - STAM編集委員会編集委員 本特集企画責任者
    • 藤田 博之/FUJITA Hiroyuki, 東京大学生産技術研究所
    • 水口 将輝/MIZUGUCHI Masaki, 東北大学金属材料研究所
    • 森 孝雄/MORI Takao, 物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
  2. 査読プロセスやSTAM誌の方針については、こちらをご覧ください。

出版日程と広報計画

  • 投稿開始:2017年10月~ ※Accept論文から順次にオンライン出版
  • 出版目標:2018年4月 ※企画として締めオンデマンド印刷、メール配信を開始
  • 広報予定:2018年春以降に開催される国際学会(MRS、E-MRS等)、国内学会(応用物理学会、日本物理学会等)、ほか研究会などで特集号印刷版の配布、予め企画委員宛てに希望をいただくメール案内先に、編集委員長名で論文紹介のメール配信を予定しています。
  • Editor's Choice:2018年上半期の編集長推薦論文は、出版から順次に国内外のニュースメディア(英文、日本語文での紹介文)にプレスリリースをいたします。この他に、論文広報のご希望がありましたら編集室へご相談ください。[例:PhysOrg掲載記事]

お問い合わせ

  • STAM国内編集室(NIMS内)Tel. 029-859-2494, Email: stam_office(AT)nims.go.jp

最終更新日:2017.10.04