STAMの編集

編集体制/Editorial Board

英文論文誌 Science and Technology of Advanced Materials (STAM)は, 編集委員長(山口 周,東京大学)をはじめとし,幅広い物質材料研究の各分野で活躍する国内外の専門家を編集委員によって編集しています.日本が特に強い物質材料研究の成果を国内外に発信する原著論文誌(ジャーナル)として,日本で唯一の専門研究機関である物質・材料研究機構(NIMS)が刊行を支援し,特徴ある日本の物質材料研究を積極的に企画特集しています.また自薦・他薦によるレビュー論文を編集しています.[企画に関する問い合わせ: stam_office[at]nims.go.jp]

STAMはオープンアクセス誌/STAM is an 'Gold' open-access journal

  • 本論文、レビュー論文を編集
  • 世界10カ国64名の材料科学分野の専門家による編集委員会
  • 注目する分野に焦点をあてるFocus Issue
  • 掲載可論文から随時オンライン出版
  • 論文の閲覧は無料
  • 論文著作権は著者が保持するCC-BY-NCライセンスを適用したゴールドモデルのオープンアクセス・オンラインジャーナル。著者負担金(Article Processing Charge, APC)は135,000円です。この負担金には投稿システム使用料、掲載する場合の英文添削料、論文データ制作費、オンライン出版費、広告料等が含まれています。
  • Focus IssueやEditor's Choiceから優れた論文をテーマ毎に論文選集としてオンデマンド印刷
  • 世界のオープンアクセスデータベースDirectory of Open Access Journalに収録

STAM誌に投稿する魅力とは/Authors Benefits

STAM offers a unique range of benefits to its authors and readers:

  • FREE to read - ensuring that your research is available to the global scientific community.
  • High impact factor 3.798 - According to Thomson Reuters, STAM now ranks 54th out of 273 journals in the category of Materials Science & Multidisciplinary worldwide, and is ranked 1st among materials science journals in Japan. This impressive increase clearly demonstrates the importance of STAM to the materials science community worldwide.
  • Rapid publication - from submission to online publication in weeks.
  • Language and style correction for the accepted papers - ensuring the quality of your presentation.
  • No page limits. However, shorter papers are encouraged as they enjoy faster refereeing and publishing.
  • FREE use of color illustrations and supplementary content (e.g. multimedia files) in the online edition.
  • Printed issues are distributed free of charge at major international conferences, helping to popularize your results.
  • Authors retain their copyright. For details.
  • [http://www.tandfonline.com/action/doUpdateAlertSettings]Registration of email alerts.[/link]

投稿論文の査読プロセス/Peer Review Processing

This is a summary of the procedure followed for processing all manuscripts submitted to Science and Technology of Advanced Materials (STAM).

  • Type of papers: Regular paper, Review paper
  • Language: English
  • Web submission

Step 1: Prescreening

One of the most important criteria of STAM is "Whether the work represents important and influential contribution to readers in materials science". Authors are notified within 10 days by a Review Editor if their submission meets the criteria and contains major technical problems including:

  1. Formatting of the article significantly deviates from the STAM author guidelines (see “How to prepare your manuscripts” for details)
  2. Both review and regular articles contains significant duplication or reproduction of text and/or figures from prior publications.
  3. The standard of English may not be understood by reviewers.
  4. The subject area covered by the manuscript is not suitable for STAM.
  5. The reference list (both review and regular articles) does not accurately reflect and cover the subject matter addressed by the manuscript.
  6. The appropriate copyright permission forms for reproducing material copied from other publications have not been provided with the submission.

Authors will receive a receipt of submission after the prescreening. In cases where manuscripts do not meet the aforementioned criteria, the authors can re-submit them after the appropriate revisions.

Step 2: Review by handling editors

A criterion of the STAM peer review is followed by "Whether the work represents new scientific finding". The handling editor assigns multiple experts in the fields as referees, and informs authors their report, by email via the web submission system.

The authors should submit revised manuscripts within three months of receiving reports from referees. Importantly, the revised manuscripts should also include clear replies to comments made by referees, explaining any changes made to the original manuscript. Authors can check the status of their manuscripts by accessing the web submission system.

Step 3: Final decision by the Editor-in-Chief

The Editor-in-Chief will notify authors about the final decision regarding their manuscript by email via the web submission system. In cases when manuscripts are rejected, authors can appeal the decision only once, and should do so within three months after receiving the final decision.

対象読者/Audience

For materials scientists and engineers interested in the structure, properties, processing and applications of advanced engineering materials.

データベース収録/Indexing in major database

  • Thomson Reuters/ISI (SciSearch®, Science Citation Index®, Materials Science Citation Index®, Journal Citation Reports/Science Edition, ISI Alerting Services) Scopus Compendex Inspec Proquest Chemical Abstracts Service Chimica INIS Atomindex (International Nuclear Information System) Metadex NASA Astrophysics Data System PASCAL Database Polymer Library EBSCO OCLC Worldcat British Library Portico CLOCKSS Ex Libris

学術誌STAMが目指すもの

STAMは材料科学分野の総合学術誌を目指す.

山口 周
Science and Technology of Advanced Materials編集委員長

STAM誌は「新時代」への一歩を進み出しました.

STAM誌は,多くの方々の支援と協力により創刊以来16年の歴史を刻んで来ましたが,本年1月から新しい体制のもとに,大変革の嵐が渦巻く学術出版の世界に新たな出発をいたしました.また,これまで長年歩んできたIOPP社からTaylor & Francis社へと出版パートナーも代わりました.STAM誌歴代編集長の増本健先生,岸輝雄先生,吉田豊信先生は、いずれもSTAM誌創刊に携わった創刊メンバーでしたが,その苦闘の歴史がを経て今日のSTAM誌の隆盛を見ることができました.これからは,先人の高く掲げたトーチ(理想)を引き継いで,基本的なジャーナルポリシーはそのままに新たな飛躍を目指した新展開を図ることが,後に続く我々の責務であると肝に銘じています.

STAM誌は日本発の材料科学分野の国際総合誌であり,Gold Open Access誌として国際的に高い評価を得ております.STAM誌は,著者である学会員の研究成果の発信と蓄積によるその学術分野の向上を目指す学会誌でもなく,また購読者層の拡大を意識した商業学術誌でもありません.学会誌の多くはそれぞれの分野における深い専門性にその特徴があることに対して,STAM誌では幅広い分野を俯瞰的に捉られるという総合誌ならではの特長を活かし,新物質科学の萌芽や急成長する学際的分野や複合領域に焦点を当てた特集を素早く企画することができます.また,引用が見込まれる注目トピックスにや重点を置く商業誌とは異なり,物質科学・材料工学分野のコアに相当する部分を支えるプラットフォームとしての機能を果たすことも重要な役割の一つと考えております.一方では,固定的な読者層(Readership)や著者層(Authorship)を持たないことによる弱みも存在することになりますが,多くの関連する国内外の学会との協調や出版パートナーとのPartnershipにより,様々なメディアを通じた広汎で効率的な情報発信によって論文のPublicityを向上することにより,”STAM-sympathy”が生まれるような優れた出版サービスを著者層と読者層に提供したいと考えております.また新しい取り組みとして,Membershipの導入による材料科学コミュニティのサポートとそのVisibility向上や,新たに導入する新カテゴリーの論文形式である「Vision」などにより,材料科学・物質科学の周辺分野との融合や将来展望,新物質科学・材料工学の啓蒙とその発展に貢献したいと願っております.

さて現在の国際的な学術出版においては,国からの支援による研究成果に対するOpen Access Publishingの要求が強まりつつありますが,研究成果の再利用や研究の健全性確保などを目的としたOpen Science化の激しい潮流が生まれています.特に成果の共有・再利用によるイノベーションの促進は,これまでの研究者・科学者コミュニティの常識とは大きく異なる新しい概念を含んでいるとも言えます.一方では日本発の学術誌の急速な衰退という現実があり,日本の科学技術や科学者コミュニティの崩壊に繋がる憂慮すべき大きなしかも喫緊の問題です.これらの困難な課題も視野に捉えつつ,材料科学分野全体をカバーする国際学術誌のフラッグシップとして,物質科学・材料工学分野全体のVisibility向上に貢献したいと考えております.これからも皆様のご支援を賜りますようにお願い申し上げます.

引用情報:

  1. 文部科学省:科研費等競争的資金による研究成果のオープンアクセス化への対応について
  2. 日本学術振興会:科学研究費助成事業

創刊からの歴史

物質・材料研究機構におけるSTAM刊行を推進する意義と将来ビジョン

長期的に安定するOAモデル,かつ科学コミュニティに名を残す国際誌であり続けるための施策

(1)編集政策「読むべき論文が載っているジャーナル」

  • 材料科学分野において,研究の活発な国々からバランス良く投稿(優良論文)を集める.
  • 読者の立場に立って,読みやすい論文を編集し,学際分野広くに読者を増やす.
  • NIMSという研究専門機関ならではの強みを活かし,研究の発展・動向をとらえたジャーナル.

(2)刊行政策「正当な課金・著作者の権利・研究イノベーションを促す社会還元を具現化するエコなジャーナル」

  • 持続性のあるオープンアクセスを維持するため経済性の高い出版基盤.
  • 研究イノベーションを促す政策に対応

最終更新日:2017.09.14