お知らせ

STAM誌の2014年インパクトファクターは3.513

2015.07.05編集委員会から/Editorial news

日本発ジャーナルとして材料科学・学際領域でトップ

2015年6月に米トムソン・ロイター社が発表した2014年Journal Citation Reportによると,ジャーナルの一評価指数のひとつであるインパクトファクター*はSTAM誌は3.513でした.材料科学・学際領域のみならず、生物・医学系を除く出版歴10年以上の国内ジャーナルとして1位,材料科学・学際領域における世界256誌のうち42位(同分野 の平均値2.740)に位置します.2008年にオープンアクセスモデルへ運営方法を変更したことに続き,2013年からの著者に出版費用の一部を負担していただく制度(Article Processing Charge, APC)の導入により、投稿総数こそやや減少しましたが,投稿される論文の質に目覚ましい向上が見られます.日本発の材料科学系欧文誌STAMに掲載する論文の質を高く保つべく,丁寧で早い査読を行うなどの編集委員会の努力と,ACCEPT後,無料の英文校閲サービスや3週間で出版するなどのパートナー出版社IOPの努力が実を結び,広く研究者に認知されていることを示しています.

Recent progress in mesoporous titania materials: adjusting morphology for innovative applications, by Juan L. Vivero-Escoto, Ya-Dong Chiang, Kevin C-W Wu, Yusuke Yamauchi, 2012, 26 citation in 2014 (Total 58 cited) <STAM論文賞2013受賞>

Negative thermal expansion materials: technological key for control of thermal expansion, by Koshi Takenaka, 2012, 19 citation in 2014 (Total 58 cited)

Cell membrane-inspired phospholipid polymers for developing medical devices with excellent biointerfaces, by Yasuhiko Iwasaki; Kazuhiko Ishihara, 2012, 12 citation in 2014 (Total 28 cited)

Paradigm shift from self-assembly to commanded assembly of functional materials: recent examples in porphyrin/fullerene supramolecular systems, by Mao Li, Shinsuke Ishihara, Qingmin Ji, Misaho Akada, Jonathan P. Hill, Katsuhiko Ariga, 2012, 11 citation in 2014 (Total 32 cited)

Synthesis of MoS2 and MoO2 for their applications in H2 generation and lithium ion batteries: a review, 2013, by Yufei Zhao, Yuxia Zhang, Zhiyu Yang, Yiming Yan, Kening Sun, 11 citation in 2014 (Total 16 cited)

  • 参考


*2014年インパクトファクター:2012年~2013年の間に出版された論文の,2014年の引用回数

2015.07.05編集委員会から/Editorial newsお知らせ一覧はこちら